私たちの想い

ご挨拶

スイング撮影機の開発に関わって18年
本当に満足のいくSSM機が完成しました

初代のスイングマスターPROからゴルフフェアで大人気だったGCSシリーズへと進化を続けた結果、スーパースイングマスター(略称SSM)が完成しました。
今まで各メーカーとも全自動機では実現出来なかった、スイング中のシャフトやフェイスが見える画期的なマシンを皆様にご提供させて頂きます。この機能で誰もが「ミススイングの原因」をはっきり理解できますので、驚くほど早く上達へと進むことができるでしょう。またセルフ練習にも熱が入り、今までの練習とはまったく違う楽しい練習やスイング研究が始まります。その結果として「無駄な練習」が減少し、「価値ある練習」がより身近になる時代が、今到来しています。

河嶋 勉 ゴルフパラダイス株式会社 顧問
( 日本ゴルフネットワーク代表取締役 )河嶋 勉

導入ビジョン

大都市では、ビル化などによりゴルフ練習場が相次いで閉鎖されています。その為、これからのゴルフは大きく変わることになります。

  • 日々の練習環境が悪化すること。
  • ゴルフを始めるきっかけが少なくなること。
  • インドアレンジ(スクール含む)が増えること。
  • 練習場の無いゴルフ場が敬遠されやすいこと。

世界第三位のゴルフ大国の日本ですが、今大きな変革の時を迎えております。
これだけ多くのゴルフ場が存在する「恵まれた環境」をもっと有効に活用したい。
当SSM機が「変革」の一翼を担う程の使命感をもって、ゴルフ界に貢献することを願っております。

GOLPAハイテクゴルフ練習場

ここもあの空き地にもハイテクゴルフ練習場が誕生します!

ゴルフ場の駐車場や大型商業施設・アミューズメントの駐車場が最新設備のゴルフ練習場に変身します。 手軽に誰もがゴルフと触れ合い、身近なスポーツとしてのゴルフを楽しむことでゴルフ 人口の一層の増加に貢献できればと願っております。

人が集い、人が滞留する場所に当施設は必要です。 大型の練習場が減少して行く時代に、また寒い冬・暑い夏に心地よいエアコンの効いた ハイテクゴルフ練習場での練習は人気を集めて当然の結果に結びつきます。

設置場所例
ゴルフ場 大型商業施設 各種学校 駐車場 
空港・駅舎宿泊施設

私たちは、日本のゴルフ界の更なる発展のため

1×2キャンペーンを
推進しています

1年間のゴルフ場来場者数は8,800万人。
それに比べてゴルフ人口は約500万人程度です。
しかし1人のゴルファーが1人ずつ誘えば
「ゴルフ人口は1,000万人」になれるのです。